口臭を防ぐためには舌磨きも大切だといわれていますが、これは本当です。 舌には舌苔と呼ばれるカスが付着しており、これも口臭の原因になります。 そのため、いくらしっかりと歯を磨いても舌が汚れていると口臭は起こってしまいます。 しかし、舌を磨くことによってさらに口臭が強くなることもあるので注意しましょう。 少しくらい舌苔がある程度なら磨かない方がいいともいわれています。 もし、舌を磨いてさらに口臭が酷くなった場合はすぐにやめるようにしましょう。 そして、舌を磨く際は以下のことに注意してください。 ・強く磨きすぎない ・歯磨き粉をつけない 汚れをしっかりと落としたいという理由で、強く磨く人も多いですがそれは逆効果です。 強く磨きすぎると舌苔をさらに増やす原因になるので、優しく磨くようにしましょう。 また、歯磨き粉をつけるというのも悪化させる原因になるので、つけないようにしてください。 歯磨き粉は刺激が非常に強いので、必ずつけずに磨きましょう。 さらになるべく歯ブラシではなく、専用のクリーナーを使うことをおすすめします。